週末は少しおしゃれをしてイタリアンを食べに行こう

女性

炭火であぶり脂を出す

うなぎ

昔から、丑の日には精力のつくうなぎを食べる習慣がありました。炭火で身をあぶり、脂がのったところに、甘辛いたれをまとわせる、炊き立ての白米の上に乗せれば、うな重の完成です。炭火の火力はうなぎの身をじっくりとあぶるにはちょうど良く、遠赤外線効果によってふっくらとした焼き方に調整することができます。外側はパリッと焼き、中身は脂を感じるジューシーな仕上がりになります。

普段スーパーで販売されているうなぎでも、十分に美味しいのですがやはり、本場浜松産には劣ってしまうでしょう。栄養豊富な土壌と、水量豊かな浜名湖で育ったうなぎは、大きく育ち身もしっかりとしています。どの季節で収穫しても、甘みを感じる脂がのっているのが特徴でしょう。地元浜松では、専門店も多く建ち並び、手ごろな価格で美味しいうな重を食べることができます。浜松の飲食店では、コース料理にうなぎが含まれていることも多く、地元の住民から観光客まで幅広い層から支持されています。混ぜご飯や天ぷらとセットになった、御膳セットであればうなぎを十分に味わうことができます。テイクアウトでうな重弁当を持ち帰ることもできますし、電話で予約しておけば焼き上がりまでのかかる時間を知らせてくれるので、接待や会議の弁当として利用することもできます。週末や時間に余裕ができた時は、浜松まで足をのばして美味しいうな重を食べに行きましょう。電車や新幹線を使えばあっという間に着きますし、駅から近い場所に専門店もあります。